BLOG

去る10月19日、韓国のソウルで開催された、「第9回東日本金融被害者交流集会」に参加してきました。

この集会は、韓国・台湾・日本の3か国から弁護士、司法書士、研究者、相談担当者、被害者の方々が集まり、各国における現状や取組、課題などを報告し、意見や情報を交換し、交流を深めることを目的としています。

3か国が毎年持ち回りで開催をしているところ、私は3年前の韓国での会議に引き続き、今回が2回目の参加でした。

3年前は自分自身が司法書士として日本の問題を報告する役割を与えられていたため、とても緊張して臨んだのですが、今回はそのような役割もなく、3年前よりははるかに気楽に参加させていただきました。

今回の会議に参加するにあたり、目標がありました。

それは、「韓国や台湾の方とたくさん話をして、友達を作る」ことでした。

私は日本にいるときは、引っ込み思案で、懇親会などで初対面の人と話をするのがとても苦手なのですが、3年前に初めてこの集会に参加したときは、懇親会で自分から積極的に韓国の人と話をしたおかげで、何人かの韓国の方とお知り合いになることができ、その後もフェイスブック等で連絡を取り合っています。

今回も、韓国の方と同じテーブルに座らせていいただいたおかげで、前回以上に韓国の方とたくさんお話をすることができ、また何人かの方とお知り合いになることができました。

本当に嬉しく、幸せな時間を過ごしました。

外国語を勉強する目的は、人それぞれだと思いますが、私の場合は、どうやら、その国の人と話したい、友達になりたい、というのが最大の目的のようです。

残念ながら、今回は台湾の方とはお話をすることができませんでした。来年は日本での開催となります。必ずや参加して、今度こそは韓国の方だけでなく、台湾の方とも話をして、友達になるのが次の目標です。

懇親会はバイキングでした。맛있었어요 !

쉬다(休む)の요体→쉬어요(休みます) ※原則どおりの活用

쉽다(易しい)の요体→쉬워요(易しいです) ※ㅂ変則

私もよくこんごらがります。

오랜만에 머리를 잘랐어요.

久しぶりに髪を切りました。

ところで、자르다(切る)は「르変則」。私が苦手な動詞の一つです。

자르다→切る

잘라요→切ります(요体)

자릅니다→切ります(ㅂ니다体)

자르러 가다→切りに行く

자르려고 해요→切ろうと思う

うーん、やはり難しい…。

"체육 날" 답게 뭔가를 하고 싶어서 걷기(walking)를 시작했다.

오늘은 첫날이니까 먼저 20분.

앞으로 무리하지 않는 정도로 계속하고 싶다.

体育の日らしく何かをしくて、ウォーキングを始めた。

今日は初日なのでとりあえず20分。

これからも無理しない程度に続けたい。

先日、ある韓国料理屋さんで食べた「辛ラーメン」がとても美味しくて、具をよく観察したところ、わたしがいつも入れている長ネギと卵以外に、玉ねぎと椎茸(たぶん)が入っていることを確認しました。

そこで、家で作る辛ラーメンに、試しに長ネギの代わりに玉ねぎを入れてみたところ、玉ねぎの甘さが辛ラーメンの辛さを和らげてくれて、とても食べやすく、そして美味しくなりました。

単純なことと笑われるかもしれませんが、私にとっては大きな発見でした。

今度は椎茸も入れてみようと思います。

요体を作る際に変則的な活用をする動詞や形容詞を変則用言といいます。

変則用言の中で、紛らわしいのが「르変則」と「러変則」です。

「러変則」の単語は数が非常に少ないのですが、

이르다(早い)と누르다(押す)→르変則

이르다(至る)と누르다(黄色い)→러変則

のように、同じスペルなのに別の単語で、しかも前者は르変則で後者は러変則だったりして、さらに紛らわしく感じます。

ちなみに、러変則の用言は上記の二つ以外では푸르다(青い)があり、日常会話レベルではこの三つを覚えておけば十分だと思います。

정략적 결혼이 싫으면 전략적 결혼은 어때?

(政略結婚が嫌なら、戦略的結婚はどう?)

先ほどあるドラマを観ていたらこのようなセリフが出てきて、はっとさせられました。

パッチムの発音がいかに大事かを教えてくれる好例です。

すなわち、「정략적(政略的)」と「전략적(戦略的)」の発音を正確にできないと、意味不明な文章になり、会話が成り立たないのです。

このセリフの発音をあえてカタカナで書けば次のようになります。

チョンニャクチョク キョロニ シルミョン チョルリャクチョク キョロヌン オッテ?

練習練習。

教室を開いて3か月あまりが過ぎました。

おかげさまでレッスンを受けに来てくださる生徒さんが少しずつ増えてきました。

本当にありがとうございます。

初級コースでは、最も学習ペースが速い生徒さんが、いよいよ「요体」のレッスンに入りました。

「요体」は韓国語の豊かな表現の土台となるもので、それゆえにやや複雑で難解でもあるのですが、ここをしっかり理解すれば、この後の学習が楽になるとも言えます。

大事な部分ですので、焦らず着実に勉強していきましょう。

先日、生徒さんから、韓国語の理由の表現の使い分けをどのようにしたらよいか、というご質問をいただきました。

感覚的にはわかっているつもりでしたが、その場で上手に説明することができませんでした…。

昔勉強した書籍や教材などを参考に、整理してみましたので、参考にしていただければ幸いです。


理由の表現の整理

1 ~서 ~なので、~して

 ・因果関係を客観的・中立的に述べる。

 ・やわらかい理由の表現。理由をやわらかく言いたいときに使う。

 ・過去形とともに使うことはできない。

 ・後に命令、依頼、勧誘の文(세요,ㅂ시다,을까요?など)が来ることはない。

 ・감사합니다,고맙습니다,죄송합니다,미안합니다などとともに使われる。

2 ~니까,으니까 ~だから、~なので

 ・自分の考えや経験を理由として述べる。

 ・不満や言い訳の雰囲気を含む。

 ・過去形とともに使うこともできる。

 ・後に命令、依頼、勧誘の文(세요,ㅂ시다,을까요?など)を置くことができる。

3 ~기 때문에 ~のせいで、~のために、~して

 ・より強く理由を述べる。理由をはっきり、強く言いたいときに使う。

 ・過去形とともに使うこともできる。

 ・後に命令、依頼、勧誘の文が来ることはない。

新しい事務所に看板を付けました。

以前の事務所で使っていた看板の文字をペンキで修正したものを、物干し竿からロープで吊り下げてみました。

韓国語教室はララオカヤがメインですが、夜間はこちらでレッスンを行うということで、「おぐち韓国語教室」の文字も入れました。

外から見ると、電話番号の部分が手すりのかげに隠れてしまうので、少し位置を高くする必要がありそうですが、それ以外は(自己)満足しています。

잘 했어, 나. (よくやった、私。)

このたび、講師が兼業している司法書士事務所を松本市内から岡谷市内に移転するのに伴い、電話番号の変更と、レッスンの拡充についてのご案内をさせていただきます。

ポイントは次の5つです。

変更1 電話番号が、0266-75-9102に変わりました。

変更2 新たに「中国語初級コース」のレッスンをスタートします。

変更3 新たに19時以降の「夜間レッスン」をスタートします。

変更4 夜間レッスンは「別の会場(※注1)」で行います(ララオカヤが19時閉館のため)。

変更5 ホームページの「レッスン予約用フォーム」からのご予約を、1回につき2レッスン分可能といたします(これまでは1回につき1レッスンのみでした)。

いずれの変更も、明日、8月20日(月)からとなります。

詳細はホームページをご覧ください。

引き続き、みなさまに満足していただけるレッスンを提供できるようがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

※注1 講師が兼業している司法書士事務所(岡谷市田中町3-1-31 メゾンK1 101号室)で行います。ララオカヤから徒歩15分、田中小学校のすぐそばです。生徒さん専用の駐車場が1台分ございます。