BLOG

어제 올해 처음으로 국수를 끓여서 먹었어요.

저는 여름에 먹는 차가운 국수가 좋아요.

잘게 자른 파와 냉이를 넣은 국물에 국수를 찍어서 먹으면 아주 맛있어요.

개구리의 목소리를 들으면서 먹는 차가운 국수.

행복이란 이런 안에 있다고 생각해요.


昨日、今年初めてそうめんをゆでて食べました。

私は夏に食べる冷たいそうめんが好きです。

細かく刻んだねぎと、わさびを入れたつゆに、そうめんをつけて食べるととてもおいしいです。

カエルの声を聞きながら食べる冷たいそうめん。

幸せとは、こんな中にあるんだと思います。

この7月から、近隣の市民の方を対象としたスクールで韓国語、中国語、英語のレッスンを担当させていただくことになりそうです。

そこで、この機会に、当教室でもこれまでの韓国語と中国語に加えて、英語のレッスンを始めることにしました。

韓国語と中国語はオリジナルの教材を使っているのですが、英語は市販の書籍を生徒さんに購入していただき、それを使ってレッスンを行う予定です。

先日、別の用事で東京に行ったついでに、紀伊國屋書店で長い時間をかけてたくさんの本を吟味した結果、選んだのが下の二冊です。

私のイメージにピッタリの本です。

私の英語レッスンのイメージは、「これをすれば英語がペラペラ話せる」「これをすればネイティブのような発音になれる」というようなものではなく、「地道にこつこつ努力を積み重ねていきながら、あくまでも英語を使ってコミュニケーションをはかれるようになるためのレッスン」です。

英語レッスンの詳細は、決まりしだいホームページでお伝えします。

本日、FacebookとInstagramからもレッスンのご予約ができるようになりました。

ホームページの「予約用フォーム」はパソコンからの予約用に作られているため、携帯電話やスマホからの予約がしづらいという問題がありました。

FacebookやInstagramをご利用されている方であれば、スマホから簡単にご予約を行なっていただくことができるようになりました。

詳しくは「レッスン」のページをご覧ください。

岡谷市勤労青少年ホーム様からお声かけをいただいて、今回初めて「やさしい韓国語会話」の講座を担当させていただくことになりました。

いよいよ明日から講座が始まります。

昨日、会場におうかがいし、教材を預けてきました。

期待とともに緊張もしていますが、平日の夜、お忙しい中、講座に参加してくださるみなさんのために、全力を尽くしたいと思います。

ドラマを観る時は、写真のように字幕を隠して観るようにしています。

ところで、今日観ていた「甘い秘密」というドラマに、次のような医学用語が出てきました。

급성 간부전

호흡 곤란

간이식

いずれも漢字語で、それぞれの漢字(意味)と発音は、

急性肝不全(クㇷ゚ソン カンブジョン)

呼吸困難(ホフㇷ゚ コㇽラン)

肝移植(カニシㇰ)

です。

10年以上韓国語を勉強していますが、これらの用語には初めて出会いました。そのためとっさには聴き取れませんでしたが、何秒か経ってから、まず漢字が頭に浮かび、次に意味が理解できました。

漢字語の発音に強くなると、初めて出会う単語も聴きとれるようになり、確実にリスニングに役立つことを実感しました。

そして漢字語の克服のためには、聴くだけでなく、日頃から韓国語の文章を、大きな声で、抑揚をつけて、音読する練習を繰り返すことをお勧めします。

昨日、事務所兼教室の模様替えをしました。

これまで応接用のスペースが狭くて、お客様や生徒様が最大2名しか座れなかったところ、

別室にあって使っていなかったテーブルをこちらに移動してきたことにより、

3名から4名が座れるようになりました。

これまでのところ、ここでのレッスンはすべてマンツーマンでしたので不都合はなかったのですが、これからは2名ないし3名の同時レッスンもゆったりとできそうです。

模様替えも済みましたので、今日から気持ちも新たに、一生懸命レッスンを行いたいと思います。

みなさまのおこしを、心よりお待ちしております。

4月1日から韓国語教室を移転するのに伴って、新しい名刺を作りました。

これまでの名刺は裏が白紙でしたが、今回は裏に業務内容を記載するのと同時に、勇気を出して(どさくさに紛れて)「通訳」の文字を入れました。

実は最近、通訳のお仕事のオファーをいただいたのをきっかけとして、通訳を行うための勉強とイメージトレーニングを毎日しています。

感じたのは、講師としてのスキルと通訳としてのスキルはまったく次元が違うということです。

どちらが上とか下とかではなく、まったく異なる能力が必要とされるため、勉強の方法も大幅に変える必要があります。

結果的に、今回のお仕事は、一定期間フルタイムでの出勤を要するもので、スケジュールの折り合いがつかず、受注に至りませんでしたが、実際に引き受けるつもりで緊張感を持って準備をしてきましたので、この緊張感を持続しつつ、これからは積極的に通訳の仕事もしますというアピールをしようと決意したのでした。

当教室は、これまでララオカヤ1階のチャレンジ広場をお借りしてレッスンを行ないながら、夜間は岡谷市田中町の司法書士事務所でレッスンを行ってきました。

このたび、本年3月末をもちまして、ララオカヤ内の教室を岡谷市田中町の司法書士事務所に移し、本年4月以降は昼夜を問わず同事務所でレッスンを行うことになりました。

これまでララオカヤ内の教室に足を運んでくださったすべてのみなさまに、心より感謝いたします。

これからも、より良質なレッスンを提供できるよう、勉強を続けていきます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

新しい教室の場所は下記のとおりです。

岡谷市田中町3丁目1番31号 メゾンK1 101号

(諏訪信用金庫田中町支店の沿道を線路方向に100メートルほど進んだところの右手にある二階建のアパートの1階です。「小口司法書士事務所 おぐち韓国語教室」の看板が目印です。駐車1台可能です。)

先日、近所の岡谷東高等学校におじゃまをして、三年生を対象とした法律教室でお話をさせていただきました。

長野県司法書士会がいわゆるプロボノ活動の一環として毎年行っているものです。

私もこれまで20数年行ってきましたが、今回は今までで一番、生徒さんが静かに、熱心に話を聴いてくれていたように感じました。

そのことが一番うれしかったです。

当日は、私が呼んだわけではありませんが、複数の新聞社が取材に来ており、講義の後、新聞記者に囲まれて質問攻めにあいました。

そんなことは初めてのことであり、うろたえて質問にちゃんと答えられたかわかりません・・・

そして昨日、地元の新聞3紙に写真付きで記事が掲載されていました。

一日に同時に三つの新聞に写真付きで記事が載ったのは、たぶん初めてのことで、とても光栄なことです。

記念に信濃毎日新聞の記事の抜粋をアップさせていただきます。

감사합니다.

視力だけはずっと良かったのですが、数年前から小さな文字が見えにくくなってきたため、昨年10月に眼鏡を購入しました。

1年あまり使ってきましたが、最近眼鏡の度が合わなくなってきたため、眼鏡屋さんで視力を検査していただき、レンズを交換してもらいました。

眼鏡の本体は変わりませんが、ケースが新しくなって少し嬉しい。

今までのケースは真っ黒で地味でしたが、今度のは明るくて可愛くて気に入っています。

眼鏡のレンズも新しくなったことだし、明日からまた新たな気持ちで勉強をがんばろうと思います。

去る11月16日、東京四谷の司法書士会館で行われた「日韓学術交流研究会」に参加してきました。

日本の司法書士と韓国の法務士の合同会議で、ここ数年毎年開催されています。

私は今回、傍聴人として初めて会議に参加させていただきました。

司法書士と法務士は互いによく似た職業であり、抱える課題や悩みにも共通する点が多いことから、それぞれの立場からの報告と、それを受けての質疑応答は、司法書士である私にはとても参考になる内容でした。

ところで今回、会議の内容以上に私が感動したのは、実は同時通訳の方の仕事ぶりでした。

事前に準備された原稿をもとに通訳するだけではなく、その場でランダムに述べられる質問や、それに対する回答についても、発言者の発言を影のように追いかけながら、冷静に、かつ正確に通訳していく技術には心底驚かされました。

しかも、発言の内容は司法書士である私にとっても難しく感じるような、極めて専門的なものであり、それを通訳するのは、同時通訳でないとしても、それ自体が難易度の高い作業であると思われますが、それを同時に、すらすらとスピーディーに通訳していく姿は圧巻でした。

私も韓国語を勉強している同じ人間として、あの方たちに少しでも近づけるように、がんばって勉強しようと思いました。

去る10月19日、韓国のソウルで開催された、「第9回東日本金融被害者交流集会」に参加してきました。

この集会は、韓国・台湾・日本の3か国から弁護士、司法書士、研究者、相談担当者、被害者の方々が集まり、各国における現状や取組、課題などを報告し、意見や情報を交換し、交流を深めることを目的としています。

3か国が毎年持ち回りで開催をしているところ、私は3年前の韓国での会議に引き続き、今回が2回目の参加でした。

3年前は自分自身が司法書士として日本の問題を報告する役割を与えられていたため、とても緊張して臨んだのですが、今回はそのような役割もなく、3年前よりははるかに気楽に参加させていただきました。

今回の会議に参加するにあたり、目標がありました。

それは、「韓国や台湾の方とたくさん話をして、友達を作る」ことでした。

私は日本にいるときは、引っ込み思案で、懇親会などで初対面の人と話をするのがとても苦手なのですが、3年前に初めてこの集会に参加したときは、懇親会で自分から積極的に韓国の人と話をしたおかげで、何人かの韓国の方とお知り合いになることができ、その後もフェイスブック等で連絡を取り合っています。

今回も、韓国の方と同じテーブルに座らせていいただいたおかげで、前回以上に韓国の方とたくさんお話をすることができ、また何人かの方とお知り合いになることができました。

本当に嬉しく、幸せな時間を過ごしました。

外国語を勉強する目的は、人それぞれだと思いますが、私の場合は、どうやら、その国の人と話したい、友達になりたい、というのが最大の目的のようです。

残念ながら、今回は台湾の方とはお話をすることができませんでした。来年は日本での開催となります。必ずや参加して、今度こそは韓国の方だけでなく、台湾の方とも話をして、友達になるのが次の目標です。

懇親会はバイキングでした。맛있었어요 !