BLOG

요즘 새로운 취미를 찾았어요.

낭독입니다.

작년 십일 월부터 시작해서 아직 2달밖에 지나지 않았어요.

그래도 왠지 모르지만 이제 더 긴 시간 하고 있는 느낌이 들어요.

다음 일요일에 발표회가 있는데, 아직도 뭘 읽을지 결정하지 못했습니다...

머리속에는 여러가지 읽고 싶은 작품 후보가 있었지만, 저는 재작년 이사했을 때 가지고 있었던 책들을 거의 처분해 버렸으니까 연습도 하지 못했어요.

그래서 어제는 잃은 책을 찾으러 도서관에 가 봤습니다.

하지만 찾을 수가 없었어요.

그래서 다음엔 헌책방에 갔어요.

보통 서점에서도 좋았지만 조금이라고 가격이 싼 개 나아서 그렇게 했거든요.

헌책방에는 다행히 제가 읽고 싶었던 '오랜 친구'를 다시 만날 수가 있었어요.

앞으로 일주일밖에 안 남았지만 할 수 있는 한 연습해서 최선을 다하고 싶습니다.


最近、新しい趣味を見つけました。

朗読です。

昨年11月から始めて、まだ2か月しか経っていません。

それでも、なぜかわかりませんが、もっと長い間やっているような感じがします。

今度の日曜日に発表会があるのですが、いまだに何を読むか決められずにいました・・・

頭の中にはいくかつ読んでみたい作品の候補があったのですが、おととし引っ越しをしたときに、持っていた本のほとんどを処分してしまったため、練習もできませんでした。

そのため昨日は、失った本を探しに、図書館へ行ってみました。

でも、見つけられませんでした。

それで次に、古本屋へ行きました。

普通の書店でも良かったのですが、少しでも値段が安いほうがよくて、そのようにしたのです。

古本屋では、幸い私が読みたかった「旧友」に再会することができました。

あと一週間しかありませんが、できるだけ練習して、最善を尽くしたいと思います。

今日教室に来てくれた生徒さんと、韓国語の自由会話レッスンをしていたときのこと。

この生徒さんはもう一年以上私の教室に通ってくれており、韓国語でかなり会話ができるようになりました。

このお正月にしたことについての話題になり、生徒さんが「アナと雪の女王2」を映画館で観たと話してくれました。

(当然韓国語で。以下同様。)

そこで私が、「私はその映画を一度も観たことがありません。どんな内容か簡単に紹介してくれますか?」

と尋ねました。

すると生徒さんが、「女の子が、魔法の力を持っていて、なぜ自分だけがそんな力を持っているのか、悩んで、その秘密を探りに行くんです」

と教えてくれました。

そこで私が、「魔法の力って、例えばどんなことができるんですか?」

と尋ねると、生徒さんが、次のように話してくれました。

「たとえば、物を凍らせる・・・」

ここで、「凍らせる」という韓国語が出てこなくて、会話が中断しました。

さて、「凍らせる」は何だったっけ???

「凍る」は「얼다」というのはすぐにわかったのですが、その使役動詞である「凍らせる」は私もその場では答えられず、レッスンが終わってから調べて、「얼리다」であることがわかりました。

15年近くも韓国語の勉強しているけど、まだまだです・・・。

일본어의 "あけましておめでとうございます"에 해당하는 한국어는 "새해 복 많이 받으세요"입니다.

또 "こんにちは"는 "안녕하세요?"입니다.

이렇게 한국어의 인사는 항상 상대방의 몸이나 기분이나 입장을 걱정해서 거는 말인 점에 특색이 있어요.

게다가 한국분들은 평소 만나는 사람들끼리 인사말로서 "밥 먹었어?"라고 말하는 습관이 있는 것 같아요.

이게 바로 상대방을 걱정해야만 할 수 있는 표현이라고 생각합니다.

제가 한국말을 좋아하는 이유의 하나이기도 합니다.


그런데, 일본인들은 평소 사람을 만날 때 "こんにちは" 조차 말하지 않고 대신 "おつされさま"를 인사말로서 자주 사용해요.

상대방이 피곤하고 있는지 없는지, 그런 것과 상관 없이 그냥 형식적으로 혹은 기계적으로 "おつかれさま"라고 하는 게 저는 싫습니다.

그래서 저는 평소 일본인 끼리 만날 때도 가능한 한 "おつかれさま" 아니라 "こんにちは"라고 인사하고 있어요.

적어도 "こんにちは"에는 "おつされさま"보다 상대방의 기분에 배려하는 뉴안스가 있으니까요.

물론 "안녕하세요?"나 "밥 먹었어?"에는 멀지만...


日本語の「あけましておめでとうございます」に該当する韓国語は「セヘ ポク マニパドゥセヨ(新年に福をたくさん受けてください)」です。

また、「こんにちは」は「アンニョンハセヨ?(元気ですか?)」です。

このように、韓国語のあいさつは、常に相手の体や気分や立場を心配してかける言葉である点に特徴があります。

さらに、韓国の方々はふだん会う人同士、あいさつ代わりに「パプ モゴッソ?(ごはん食べた?)」と言う習慣があるようです。

これこそがまさに、相手を心配していなれば出てこない表現だと思います。

私が韓国語を好きな理由の一つでもあります。


ところで、日本人たちはふだん、人と会ったとき、「こんにちは」さえも言わず、代わりに「おつかれさま」をあいさつとしてよく使います。

相手が疲れていようがいまいが、そんなこととは無関係にただ形式的に、あるいは機械的に「おつかれさま」というのが私は嫌いです。

だから私はふだん、日本人同士会う時も、なるべく「おつかれさま」ではなく「こんにちは」とあいさつしています。

少なくとも「こんにちは」には「おつかれさま」よりも相手の気分に配慮するニュアンスがあるからです。

もちろん、「アンニョンハセヨ?」や「ごはん食べた?」には及びませんが・・・

어제는 본가까지 30분 걸고 달려 갔습니다.

그리고 홍백가합전을 보면서 메밀(토시코시 소바)을 먹었어요.

그후 또 30분 걸고 달려 집에 돌아와서 혼자 조용히 해를 넘겼습니다.

좀 전까지는 본가까지 달려 갈 것은 상상도 할 수 없었는데, 작년은 이렇게 자기를 좋은 방향으로 바꿔준 일 년이었어요.

올해는 달리기를 계속하고 마라톤 대회에 출장할 게 목표입니다.


昨日は実家まで30分かけて走っていきました。

そして紅白歌合戦を観ながら年越しそばを食べました。

その後、また30分かけて走って帰宅し、一人静かに年を越しました。

少し前までは実家まで走っていくことなど想像もできませんでしたが、昨年はこのように自分を良い方向へ変えてくれた一年でした。

今年はランニングを継続し、マラソン大会に出るのが目標です。

1. 시작이 반

다음 달부터 시작될 한국어 회화 강좌의 자료를 만들기 시작했습니다.

꽤 전부터 내용에 대해 생각해 왔는데, 자료를 어떻게 준비할 지 고민하고 있었어요.

하지만 어제 만들기 시작하니까 생각보다 순조롭게 작업이 진행되어서 마음이 편해졌습니다.

한국의 속담에 "시작이 반"이란 게 있습니다만 정말로 맞다고 느꼈어요.


2. 어머니의 회복

시간이 생겨서 어머니를 부르고 같이 점심을 먹었습니다.

선배가 경영하고 계시는 카페에 대려가니까 많은 손님이 있어서 놀랐어요.

제가 기뻤던 건 주인님이나 다른 손님이 어머니에게 편하게 말씀을 걸어주신 것입니다.

덕분에 어머니도 편하게 지낼 수 있었던 것 같아요.

어머니는 라면, 저는 카레를 주문했는데, 아주 맛있어서 감동했어요.

어머니의 몸도 퇴원이래 가장 낫게 보여서 매우 기뻤습니다.


1.始めれば半分

来月から始まる韓国語会話講座の資料を作り始めました。

かなり前から内容について考えて来たのですが、資料をどのように準備するか悩んでいました。

しかし昨日作り始めてみたら、思ったより順調に作業が進み、気持ちが楽になりました。

韓国のことわざに「始めれば半分」(物事は始めてしまえばすでに半分は終わったようなもの)というものがありますが、本当にそのとおりだと感じました。


2.母の回復

時間ができたので、母を呼んで一緒に昼食を食べました。

先輩が経営しているカフェに連れて行ったのですが、たくさんのお客さんがいて驚きました。

私が嬉しかったのは、マスターや他のお客さんが、母に気軽に声をかけてくださったことです。

おかげさまで母も楽に過ごすことができたようです。

母はラーメン、私はカレーを注文しましたが、とてもおいしくて感動しました。

母の体調も退院以来一番良く見えて、とても嬉しかったです。

법무사 업무는 어제부터 연말년시 휴업에 들어갔습니다.

하지만 외국어 교실은 계속 열리고 있어서 어제도 오전과 오후에 제각기 학생분이 오시고 수업을 했어요.

그런데, 작년 유월에 한국말 교실을 열린지 이제 일년 칠개월이 됐습니다만,

이 달은 지금까지에서 가장 많은 학생분이 수업을 받으러 와 주셨습니다.

정말로 고마운 것이고 진심으로 감사드립니다.

내년도 더 좋은 수업을 행할 수 있도록 계속 노력하겠습니다.

이 연휴는 다음달부터 시작될 "쉬운 한국어 회화 강좌"의 자료를 만들 거예요.


司法書士業務は昨日から年末年始休業に入りました。

しかし、外国語教室は引き続き開いており、昨日も午前と午後にそれぞれ生徒さんが来られ、レッスンをしました。

ところで、昨年6月に韓国語教室を開いて以来、1年7か月になりますが、今月はこれまでで最も多くの生徒さんがレッスンを受けに来てくださいました。

本当にありがたいことで、心から感謝申し上げます。

来年もより良いレッスンを行えるよう、引き続き努力します。

この連休は、来月から始まる「やさしい韓国語会話講座」の資料を作成する予定です。

어제는 이이야마시에서 낭독 대회에 참가했어요.

자신에 낭독을 발표한 것도 물론 좋은 경험이었지만,

다른 분들의 훌륭한 낭독을 들을 수 있던 것이 뭣보다 소중한 것이었어요.

아마추어뿐만 아니라 푸러의 낭독가의 낭독도 들을 수가 있었어요.

역시 푸러는 달랐어요.

저는 한 선생님의 낭독을 들으면서 눈물을 흘렸어요.

시작해서 얼마 되지 않은 낭독이지만, 앞으로도 계속하고 싶어요.


昨日は飯山市で朗読の大会に参加しました。

自分の朗読を発表したことももちろん良い経験でしたが、

他の方々の素晴らしい朗読を聴くことができたのが、何よりも貴重なことでした。

アマチュアだけでなく、プロの朗読家の朗読も聴くことができました。

やはりプロは違いました。

私は、ある先生の朗読を聴きながら涙を流しました。

始めて間もない朗読ですが、これからも続けたいです。

가을 강좌 "쉬운 한국어 회화"가 끝났어요.

이번 강좌에서는 처음으로 학생분끼리 자유회화의 시간을 가졌어요.

제가 보기에는 다 매 번 즐겁게 회화 연습을 하고 있었어요.

어제 마지막 수업이 끝난 후 관장님께서 7 회 모두 출석한 수강자분에게 개근상으로써 작은 선물을 주셨어요.

대부분의 수강자가 개근상을 받은 걸 보고 저도 아주 기쁘고 행복했어요.

겨울 강좌도 열심히 하고 싶어요.

秋の講座「やさしい韓国語会話」が終わりました。

今回の講座では、初めて、生徒さん同士の自由会話の時間を持ちました。

私が見たところ、みなさん、毎回楽しく会話の練習をされていました。

昨日の最後のレッスンが終わった後、館長さんが、7回すべて出席された受講生に、皆勤賞として小さなプレゼントを渡しました。

ほとんどの受講生が皆勤賞を受けるのを見て、私もとても嬉しく、幸せでした。

冬の講座も一生懸命務めたいです。

어제는 오카야시의 카노라홀에서 낭독의 발표를 했어요.

저는 시인 미야자와 켄지 씨의 "비에도 지지 말고"를 한국어와 중국어로 읽었어요.

먼저 낭독 교실의 선생님이 일본어로 읽고, 그 다음에 제가 한국어로 읽고, 그 다음에 미국 사람이 영어로 읽고, 그 다음에 제가 중국어로 읽었어요.

단락마다 구분해서 읽었는데, 다른 낭독자분과 호흡을 맞출 것에 신경을 썼어요.

너무 긴장했지만 무사히 끝낼 수가 있어서 안심했어요.

피곤했지만 매우 소중한 경험을 쌓았어요.

이런 기회를 주셔서 정말 고마웠어요 !


昨日は岡谷市のカノラホールで朗読の発表をしました。

私は詩人宮沢賢治さんの「雨にも負けず」を韓国語と中国語で読みました。

まず、朗読教室の先生が日本語で読み、次に私が韓国語で読み、次にアメリカ人の方が英語で読み、次に私が中国語で読みました。

段落ごとに区切って読んだのですが、他の朗読者の方と呼吸を合わせるのに神経を使いました。

とても緊張しましたが、無事に終わって安心しました。

疲れましたが、とても貴重な経験を積むことができました。

このような機会を与えてくださり、本当にありがたかったです!

今週土曜日、カノラホールで開かれる「第14回おかや演劇祭」で、宮沢賢治の「雨にも負けず」の韓国語と中国語の翻訳を朗読させていただく機会をいただきました。

当日は自分で翻訳した韓国語と中国語の詩を読ませていただく予定です。

初めてのことなので今から緊張していますが、せっかくいただいたチャンスを無駄にしないよう、しっかり練習して臨みたいと思います。

어제는 바빴어요.

오후에는 예전에 제 교실에 와주셨던 학생분이 오랜만에 또 와주셔서 기뻤어요.

그동안 일이 바빠서 오실 수가 없었지만 앞으로 또 자주 오겠다고 말씀해주셨어요.

제 교실은 기본적으로 일 대 일이고 수업의 빈도도 학생분이 자유롭게 정할 수가 있어요.

수업료도 월사금이 아니라 한 회 마다 받아요.

물론 경영적으로는 불안정이지만 학생분을 위해서는 경제적, 시간적 부담이 적게 공부를 계속할 수 있는 방법이니까,

앞으로도 가능한 한 이 방식으로 수업을 계속하고 싶습니다.


昨日は忙しかったです。

午後には以前私の教室に通ってくれていた生徒さんが、久しぶりにまた来てくださり、嬉しかったです。

この間仕事が忙しくて来られなかったが、これからまた頻繁に来ますと言ってくださいました。

私の教室は基本的に1対1で、レッスンの頻度も生徒さんが自由に決めることができます。

レッスン料も月謝制ではなく、1回ごとにいただきます。

むろん、経営的には不安定ですが、生徒さんにとっては経済的、時間的な負担が少なく、勉強を続けられる方法なので、

これからも可能な限り、この方式でレッスンを続けたいです。